京都暁フットボールクラブ少年団オフィシャルウェブサイトへようこそ!

試合結果
2011/06
U-12 試合結果一覧




カテゴリー別



過去の結果


■6月25日(土)・26日(日)
於:アスパ五色(五色台運動公園)

◆参加チーム
‐Bブロック‐                       -Aブロック‐
暁FC イング 大久保 太子橋 Lazo      五色  北大冠 大宮 宮北 旭東グラスポ
-Cブロック‐                      ‐Dブロック‐
ファニー 貴志川 諏訪 富田林 梶高倉    高倉 陵西 柏原 都島 NFC



−予選リーグ(25日)−

 vs イング        〇 5−1
得点:ソウマ、ナツキ、ユウタロウ、カズキ、ユウマ

◆vs Lazo        〇 2−0    
得点:オウン、ユウマ

 vs 太子橋        〇 2−1
得点:ユウマ2

ぁvs 大久保        〇 6−0
得点:ユウタロウ3、ナツキ、ユウマ、タツノスケ

−決勝1位リーグ(26日)− 

vs 北大冠        ●0−1

vs 太子橋        ●0−1

vs ファニー       △2−2
得点:ユウマ、ユウタロウ

vs 柏原         ○4−0
得点:ユウマ2、ナツキ、ユウタロウ


淡路島の五色浜から山に少し入った五色台運動公園の素晴らしい芝生のグランドで、アスパ五色少年サッカーフェスティバルに参加しました。
初日は、真夏の天候で選手達・スタッフ・保護者も真っ黒に日焼けしました。

まずは、イングさんとの初戦。開始25秒に相手ボールを奪ったソウマがドリブルで相手を振り切りそのままシュートして先制します。5分には、コウからのスルーボールにナツキが飛び出しGKと1対1になり落ち着いて決め、追加点。6分には、相手のセンタリング気味のループシュートが直接入り、1点返されます。その後もユウタロウがセンタリングにあわせ、カズキの状況判断のいい技ありのミドルシュート、ユウマのシュートが決まり5−1での勝利でした。しかしここしばらく続けてきているポゼッションサッカーが出来ず、あわててボールを出してしまうケースが散見されました。

第二試合は、Lazoさん相手。3分にサイドを突破したユウマのセンタリングに相手がたまらずクリアしたボールがネットに吸い込まれてオウンゴール。
8分にもユウマ追加点をあげて2点目。
その後も決定的チャンスが何回もありましたが、決めきれず2−0でした。

第三試合は、太子橋さん。基礎技術がしっかりとしていて、パスサッカーをしてくるチームです。7分にGKのこぼれ球をユウマが押し込み先制します。しかし10分にDFのパスミスを奪われ失点して同点。
後半5分にユウマが相手GKが前に出ているところを判断良くミドルシュートが決まり勝ち越します。
その後も一進一退でしたが、何とか競り勝ちました。
この試合でキャプテン:ソウマが熱中症のなりかけで離脱しました。

第四試合は、競り勝った後の気が緩むところをもう一回引き締めて又、暑い中アイスクリームでの水分補給を全員で行い臨みました。相手は大久保さん。
1分にナツキが相手Gkとの1対1をGKまでかわして左足で先制。その後もコウからのスルーパスをユウマが決め、ユウタロウのハットトリックもあり、最後は、タツノスケがヘディングシュートを決めて対外試合初得点。6−0での勝利でした。

この結果Bグループ1位になり2日目の1位リーグ戦出場が決まりました。
晩は、民宿での食事とミーティング、海岸への散歩と楽しんで久しぶりの遠征をおうかしました。

2日目は、1位リーグ。初戦は、一番の強敵と目された北大冠さん。立ち上がりから一進一退が続きますが、後半残り2分に相手トップに左サイドを突破されてそのまま失点。その後もこちらの攻撃も実らずに0−1の敗戦。

2試合目は、昨日競り勝った太子橋さんとの再戦。相手も昨日のリベンジと全力でかかってきます。この試合も後半に中盤を崩されて失点。またもや0−1の敗戦。

3試合目は、ベンチからの指示は一切行わず自分達だけで戦いました。ファニーさん相手に結果的には2−2の引き分けでしたが、選手達はチームワークの課題に何かを掴んでくれたようでした。

4試合目は、柏原さん。今度もベンチからは、何も指示を出さずに選手達で考えて試合に臨みました。結果は4−0でしたが、相手に合わしてしまう悪い面が見え隠れし選手達は前の試合より消化不良のようでした。

結局20チーム中の4位の成績でした。
優秀選手には、カズキが選ばれ、選手達が自分で選んだ「頑張った選手」には、ユウマとタツノスケが選ばれて試合球をもらいました。

2日間素晴らしい大会を運営頂いた関係者の皆様、どうもありがとうございました。

又、遠くまで応援声援を頂いた保護者の皆様どうもありがとうございました。6年になりこれからも遠征が続きます。今後も宜しくお願いします。



  
☆★★☆