京都暁フットボールクラブ少年団オフィシャルウェブサイトへようこそ!

試合結果
2010/11
U-11 試合結果一覧




カテゴリー別



過去の結果


‘時 2010年11月23日(火・祝)9:40〜15:00
会場 高野中学校グランド

□第1試合
  vs 大塚 2−1 
 得点:ユウマ2

□第2試合
  vs 翔鸞 2−0
 得点:ナツキ1、リョウスケ1

□第3試合
  vs 養徳5年 2−0
 得点:ソウマ1、ナツキ1

4月から戦ってきました養徳リーグも早くも最終節を迎えました。今日は、リーグ戦最終試合としての大塚戦と、リーグ戦に反映しないフレンドリーでの翔鸞戦、養徳5年戦の3試合でした。

第1試合は、リーグ戦での大塚戦。「最終戦を勝利し、リーグ優勝を勝ち取ろう。」とみんなで心を一つにして臨みました。前半からペースを握りますが、ピッチが狭い為かパスがうまくつながらず、中々シュートまで至りません。その中で左サイドのスローインから抜け出したユウマのシュートが決まり先制します。前半を1−0で折り返し、後半は、相手キックオフのボールをユウマが奪いそのままシュートまで持ちこみ追加点。しかしその後も得点をあげられず、逆に相手のロビングからからヘッドで合わされて失点し、そのまま、2−1の結果でした。辛くも勝利し何とかリーグ優勝を確実にしました。

第2試合は、翔鸞さん相手。ポジションを入れ替えて戦いました。サイドバックに下ったナツキが積極的な攻撃参加で右サイドを「エグリ」ます。そのまま強烈なシュートが直接決まり先制。後半には、左サイドを崩したユウタロウのセンタリングを相手GKがはじいたところを、リョウスケが詰めて追加点。相手攻撃を久しぶりのシルツとリョウマのセンターバックが抑えて2−0での勝利でした。

第3試合は、主催の養徳5年さんとの試合です。養徳リーグ優勝が決まった、我々に対し、相手は、一昨日の関西小学生京都市東ブロックチャンピオン。相手にとって不足はありません。開始早々に相手キックオフをカットしソウマがゴール前に迫り機転のいいトゥからのシュートが決まり先制します。その後は一進一退が続きますが、お互いに決定力不足で得点に至りません。後半終了間際に、GKイクヤからのロングキックにナツキがうまく走りこみ相手GKとの1対1を落ち着いて決めて2点目。そのまま、ホイッスルとなりました。

閉会式では、「優勝、京都暁FC!」と表彰されて選手全員が前に出て商品を頂きました。
又、各チーム1名の優秀選手には、コウが選ばれ、更に全参加選手から1名の最優秀選手には、ダイキが選ばれました。「おめでとう。。」

表彰され、戻ってきた2人とも、「みんなの・チームメイトおかげで選ばれました。ありがとう。」と感謝の言葉を口にしていました。


京都養徳サッカークラブさん、4月より約8ケ月間、養徳リーグでは、大変お世話になりありがとうございました。今年は特に異常な猛暑の夏期の間、運営及び審判をずっと1チームで努めて頂き大変なご苦労だったと思います。改めてお礼を申し上げます。
今後とも宜しく交流をお願いいたします。

本日も多くの保護者の皆さんに応援頂きましてありがとうございました。おかげさまで、育成主旨のリーグではありますが、優勝できました。何とか本大会出場を決めた、関西小学生大会まで、もう一歩も二歩も成長していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。